お弁当を楽しむ

こどものお弁当って母親にとっては負担でしかないって思ってました。キャラ弁作って喜んでくれるのはとってもうれしいけど、完成したときの自己満足もたまらない。
こどものためだけではないんです。

先日、家族で出かけるときにお弁当を作っていきました。こどもたちにもひとりひとり一個ずつ。
時間がなかったから、キャラ弁じゃなかったけど。

そうしたら下のこどもがとーっても喜んでくれて。よくよく考えてみたら、下のこどもにとっては初めてのお弁当だったのでした。
そりゃあうれしいよね。自分のためのお弁当。

喜んで喜んで、お弁当箱を持って飛び跳ねて浮かれてたら、お弁当の中身をこぼしてしまいました。

もうめっちゃくちゃ泣いて泣いて、かわいそうで、かわいそうで。でも可愛かった。

こどもってこんなに喜怒哀楽を表すんだね。お弁当ひとつでこんなにいろんな感情を見れて私もうれしかったよ!!

また作ってあげよう。そういえばこんな話を聞いたことがある。
おうちでご飯をあまり食べないからお弁当箱に詰めて出したら完食したんだって。
やっぱりお弁当マジックはあるんだね。