クレジットカードとインターネットの切っても切れない関係

あなたがもし「インターネットサイト」や「EC(ショッピング)サイト」の運営者であったり、今後やりたいと思うなら、持つべきモノの一つがクレジットカードです。事業の出納管理や各種支払いをスピーディーに手間無く行なえるなど、様々なメリットがあります。ポイントまで貰えます。

ここでは、クレジットカード保有の具体的なメリットをご紹介します。

まず、各種運営費の支払いに便利です。インターネットサイトを運営する場合、レンタルサーバや最近流行りのクラウドサービスを利用することになります。いわば、インターネットというデパートに店舗(テナント)を借りる家賃の支払いです。

これらは基本的にクレジットカード払いが便利です。銀行や郵便振込も可能ですが、しばしば銀行に行ける経理担当でもいなければ難しいでしょう。そもそもAWSなどは、カード払いしか選択できません。ドメイン利用料や外部の決済サービスも含めると、カードの自動支払いは必須です。

つぎに出納の管理。支払いを一括に纏めることで、いつどこにいくら支払ったかを一元管理できます。最近ではカード会社のサイト上で、支払い状況をいつでも確認できます。これも魅力のひとつです。

特にこの分野では「楽天カード」と「楽天銀行」の組み合わせが秀逸です。カードと銀行口座を組み合わせることで、支払いだけでなく収入も一元管理できます。要するに、楽天のオンラインバンクを使えば、事業の出納が全て確認できるわけです。

「楽天」である理由もいくつかあります。

クレジットカードの年会費が永年無料という点は、サイトを立ち上げたばかりの運営者にとって魅力です。ポイント還元率も見逃せません。1%と高く、そのポイントをうまく変換すれば、サイト運営費に回すこともできます。経費削減ですね。少しずれますが、報酬を受け取る面でも有利です。楽天の口座は、他の銀行系の口座より振込手数料がなぜか安く、通常500円程度が100円です。様々な点で他社から抜きん出ています。

「楽天クレジットで支払い、楽天銀行で受け取る」この組み合わせは、サイト運営者にとっておすすめな組み合わせなのです。

いかがでしょうか。

楽天カードに限らず、インターネット空間とクレジットカードは切っても切り離せない関係にあります。また、これからの世の中は「あらゆるモノがインターネットに繋がる」世界になるといわれます。

いまクレジットカードをお持ちでない方も、ぜひ導入を検討されてはいかがでしょうか。